KinectServerをつくりました

ソースはこちら。
https://github.com/MissinglinkInc/KineticSignage

Kinectの骨格情報をネットワークのすべてのクライアント、または(コードを書き換えれば)任意のクライアントへの送信するものです。
KineticSignageはそのデモプログラムです。デキは微妙ですが、腕の角度で写真が切り替わるようにできています。
サーバ・クライアント型なので、KinectServerとKineticSignageは別のマシン、UDPが疎通すれば別のネットワークに配置することが可能です。

ソースコード自体はそれ以上大したことはやっていません。骨格情報をMessagePackに押し込んで送るだけです。このプロトコルは100%、MessagePackのおかげです。まだ慣れていないので、全部配列型でやってしまっているのはビューティフォーじゃない点です。

MessagePackはかなり多くの実装、アーキテクチャで動くので、Pythonやnode.jsでUDPを受信してWebSocketとかにつなげれば面白いはずです。まぁ、KinectServerにWebSocket実装を書けばいいだけですけど。

C++のSTLいいですね。最近Cで文字列処理や動的配列確保を書いていて辟易していたのですが、std::stringやstd::vectorが強すぎて世界観が変わりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>