ApacheにGoogle謹製の高速化モジュールmod_spdyを入れる

SPDY

あんまりプロトコルについて調べてないので何ともいえないですが、HTTP Pipeliningをさらに改善したようなプロトコルです。
ひとつのTCP接続において複数のストリームが束ねられ、それらについてプライオリティをつけることができます。
ほかにもヘッダなどが圧縮・最適化されます。たとえば、User-Agentなどは一度のセッションにおいて変更されることはないといっていいので、それを省いたりします。
ファイアウォールをすり抜けられない可能性があるので、HTTPSのなかで隠蔽することでこの問題を回避します。

前準備

sudo apt-get install subversion curl g++ patch binutils make
mkdir modssl
cd ~/modssl/
svn export http://mod-spdy.googlecode.com/svn/trunk/src/build_modssl_with_npn.sh
./build_modssl_with_npn.sh
sudo cp mod_ssl.so /usr/lib/apache2/modules/
sudo a2enmod ssl

depot_tools

cd ~
cd depot_tools/
svn co http://src.chromium.org/svn/trunk/tools/depot_tools
cd ..
export PATH="$PATH":$HOME/depot_tools
echo $HOME
cd ~

いよいよmod_spdyのビルド

mkdir mod_spdy
cd mod_spdy/
~/depot_tools/depot_tools/gclient config http://mod-spdy.googlecode.com/svn/trunk/src
~/depot_tools/depot_tools/gclient sync --force
cd src/
make BUILDTYPE=Release
sudo cp out/Release/libmod_spdy.so /usr/lib/apache2/modules/mod_spdy.so

設定

sudo echo "LoadModule spdy_module /usr/lib/apache2/modules/mod_spdy.so" | sudo tee /etc/apache2/mods-available/spdy.load
sudo echo "SpdyEnabled on" | sudo tee /etc/apache2/mods-available/spdy.conf
sudo a2enmod spdy
sudo /etc/init.d/apache2 restart

設定が終わったら、サーバにアクセスして chrome://net-internals/#spdy でSPDYが有効かどうか確かめましょう。
たぶんブラウザの設定だと思いますが、SSLでないとSPDYが有効になりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>