Google ChromeのSame Origin Policyを無効化する

開発などで、JavaScript/XHR(XMLHttpRequest)のセキュリティのために実装されているSame-origin Policyを無効にしたい場合があります。
OSXではターミナルで以下のようにChromeを起動させます。

open -a Google\ Chrome --args --disable-web-security

Windowsではコマンドプロンプトで以下のようにします。

chrome.exe --disable-web-security

ローカルのファイルへXHRをしたい場合は以下の引数も追加します。

-–allow-file-access-from-files

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>